新築のリビングは、1階?2階?

(2018年12月24日)

こんばんは、四ッ谷明美です。

先日、2階リビングのお話がでたので、今日は2階リビングについてお伝えします。

リビングは、家族が集まり、お客様をお迎えする大切な空間ですね。

最近ではリビング、ダイニング、キッチンをひとつの空間にするプランも多くみられ、LDKを住まいのどこに配置するかは、とても重要なポイントになります。

多くみられるのは、玄関や庭など、外部とのつながりを持たせて1階に配置し、寝室や子供室などのプライベート空間を2階に設ける間取りです。

しかし、敷地条件や周辺環境によっては、2階リビング(逆転プラン)を取り入れた住まいもあります。

今回は2階リビングで得られるメリットと知っておくべきデメリットをお伝えします。

◆2階リビングのメリット

明るく開放的な空間に!

周辺環境や敷地条件はもちろん、住まい全体の間取りによりますが、リビングを2階した場合のメリットには下記のようなことが考えられるでしょう。

・光あふれる明るい空間が実現する

一般的に、2階の空間は、豊かな採光を確保することが可能です。

日当りのいい、明るい空間が生まれることが大きなメリットです。

ゆとりある天井高を確保できるため、比較的大きな窓プランにすることもできます。

2階建てで屋根形状を利用したプランであれば、天井近くに窓を設けたり、トップライト(天窓)を取り入れても、太陽の日差しをたっぷりと取り入れることもでき、同時に、風通しも期待できます。

冬場の暖かさも大きな魅力でしょう。

・開放的な眺望を得ることができる

環境にもよりますが、1階に比べ開放的な眺望も得られるケースも多く、遠くの景色や近隣の緑を借景として取り込むことが可能です。

・屋根形状を活かした空間づくりができる

2階建ての場合、屋根形状を活かした、天井の高い空間を実現することが可能です。

天井が高いことで、ロフトのプランニングがしやすいのも特徴です。

・プライバシーを確保できる

道行く人や近隣などからのプライバシーの確保もしやすいので、カーテンを閉め切ったまま、ということも少なくなるかもしれません。

隣家のリビングが1階という場合であれば、お互いの生活音が気にならないのもメリットです。

・耐震性が増すこともあるプランニングにもよりますが、2階リビングの場合、1階部分に、寝室や子供部屋などの個室を配することが多いため、壁量が増え耐震性が高まる、

というケースもみられます。

◆2階リビングのデメリット。

夏場の暑さや老後のことも考慮

デメリットもメリット同様に、

一概には言えませんが、下記のようなケースが考えられます。

・夏場の暑さ

住まいの断熱性能、窓のプランや庇(ひさし)の有無などにもよりますが、1階に比べ、夏場、2階は暑くなりがちです。

LDKがひとつの空間となるプランであれば、キッチンの配置などによっては、食材などが傷んでしまうケースもあるかもしれません。

夏場の暑さ対策のひとつとしては、

通風を確保できる窓プランはもちろん、開口部に陽射しを遮る建材、たとえば、オーニングやシェード、外付けブラインドなどを取り入れるのもひとつの手です。

四季を通じての快適さに配慮したプランニングが必要でしょう。

・1階の対応が億劫

ライフスタイルなどにもよりますが、どうしても1階玄関での対応が億劫になる、という声が聞かれます。

また、庭へ出る機会が減ってしまい、ガーデニングを楽しむことが少なくなってしまった、というケースもあるようです。

来客対応などは、テレビ機能付きドアホンなどの設備機器を取り入れることで、ある程度は解消可能です。

また、LDKからつなげてベランダを設ければ、空間に広がりが生まれるとともに、ガーデニングを楽しむこともできます。

庭やウッドデッキなどに直接出ることができる外階段を設け、屋外空間との行き来をしやすくしたプランも考えられるでしょう。

・買い物やゴミ出しなどが面倒

買い物の重い荷物を2階のキッチンまで運ぶことが大変なこと、日々のゴミ出しが面倒に感じる、という声も聞かれます。

物理的な上り下りは仕方ないとしても、玄関からの動線が短くなるようなプランとしたり、ゴミを一時的に置いておくことができるスペースをベランダに設けても、使い勝手がいいものです。

・高齢になった場合の不安

高齢になった場合、階段の上り下りに不安を感じることもあるでしょう。

昇降しやすいように、安全な階段形状や勾配とすること、使いやすい手すりを設置しておくことも大切です。

家族構成によっては、ホームエレベーターなどを検討する、もしくは将来、設置できるようにスペースなどを確保しておくのもいいでしょう。

・1階の防犯面が心配

1階の戸閉まりだけでなく、

不審者が1階に侵入しても2階にいると気づきにくい、という防犯面での不安を感じるケースもあるようです。

エクステリアも含めて防犯性の高いプランニングが必要ですが、施錠しやすい玄関扉のキーシステム、通風可能なシャッター、センサー付きの照明などを取り入れても良いでしょう。

また、ライフスタイルや家族構成によっては、ホームセキュリティを取り入れるのもいいでしょう。

・子供とのコミュニケーションへの不安

1階に子供部屋を設けた場合、学校から帰宅した子供が玄関から自分の部屋へ直行してしまうことへの不安を持つケースもみられます。

ライフスタイルやリビングの居心地などにもよりますが、たとえば、玄関ホールや廊下などに吹き抜けを取り入れ、上下階の気配を感じるような間取りとしたり、リビングやダイニングに、宿題をすることができるようなスペースを確保するなどのプランも考えられるでしょう。

・2階からの排水音が気になる

プランニングにもよりますが、2階のキッチンやトイレなどの排水音が1階の寝室で気になる、というケースもあります。

水まわりの配置などには充分に配慮することが大切です。

◆2階リビングで後悔しないために。

住まいの優先順位を明確に

・敷地条件や周辺環境、家族構成を考慮してプランニングを。

2階リビングには、それぞれに一長一短があるものです。

敷地条件や周辺環境などによっても変わってきますし、家族構成やライフスタイルによっても住み心地は異なるものです。

2階リビングというプランのひとつの手法だけを取り上げて、その良し悪しを述べるのは難しいでしょう。

2階リビングに限ったことではありませんが、間取りを検討する際には、住まいに対する優先順位を明確にすること、将来の変化を見越してプランニングすることはとても重要なポイントです。

その上で、2階にリビングのある住まいとする場合は、

メリットを生かし、デメリットを

どのように解消、改善させることができるかを、間取りプランはもちろん、設備や建材なども上手く取り入れながら検討することが大切です。

長くなりましたが、いかがですか?

ご自分たちのライフスタイルに合った暮らしやすい間取りを実現してくだいね!

新築、リフォームなどお住まいに関するご相談は
お電話、ラインで何でもお気軽にお問合せください。
TEL:0120-39-6785
受付時間8時から20時まで
友だち追加