女性建築士とつくる家

女性だからわかる理想の住まい

 

四ッ谷社長
私は想い描いていることを「カタチ」にすることが大好きです。
マイホームへの夢や希望をたくさん聞かせて下さい。



四ッ谷のプロフィール
  • 小物子供のころから細かいものを作るのが好きで、現在も趣味は多いほうです。
    特に物を作ることが好きで「洋裁」「アクセサリー作り」「手芸」などなど、かわいい洋服や小物を作ることが大好きです。最近は洋服を作る時間はありませんが、畳の縁でペンケースやポーチなど小物作りを楽しんでいます。
    「お囃子」も大好きで、最近は参加する機会が減ってますが、息子が小さいころ一緒にやっていました。夏は笛や太鼓の音色が聞こえてくるとワクワクします。若い頃は和裁士を目指し、国家試験である二級和裁士の資格や講師の資格もとり、着物を縫う職業につくことに憧れていましたが結婚、出産、育児と時間に追われ、和裁からはすっかり遠ざかり、仕事はアロー住建で父を手伝う程度になっていました。そんなある日、父から「あけみ、建築の勉強してみるか?」と言われました。突然のことに驚きもありましたが、父がこの仕事を始めてから、いつも前向きに一生懸命取り組む背中をみてきた私は、「よし!父と一緒にお客様のためにがんばろう!」そんな想いで「二級建築士」の資格をとることを決意しました。

    今思えば、怖いもの知らずの決断でした・・・。
    資格取得がむずかしいことは承知の上でしたが、想像をはるかに超えていました。まわりは20歳代の若い子ばかり(私は30歳代)。「うわぁ、みんなの3~5倍は勉強しないと合格できない」と焦りました。
    そして何より辛かったのは、まだ小さかった息子に淋しい思いをさせてしまうことでした。でも、その思いをバネに「お母さん頑張るから、1年だけ我慢してね」と息子に約束し、資格取得に挑みました。
    結果は・・・合格。なんとか、息子との約束を果たせました。

    私は、想い描いているものをカタチにすることが大好きです。洋服作りは着る人のイメージや生地に合ったデザインを考え「洋服」というカタチにしていきます。
    「家づくり」はお客様の想いや、ご要望を図面に描き、ご家族の夢をカタチにすること。私にとって建築士の資格は皆さんに安心して家づくりをして頂く為に、必要な資格でした。そして、家づくりの本当の大切さ、楽しさ、を教えてくれたのは、一緒に仕事をしている沼口でした。沼口は、にこやかに「私の家は全部やってね」と言ったのです。
    沼口家の家づくりを全て任せていただくことで、私は自信を持てました。皆様には、心から感謝しています。

 

建築の仕事に携わって
  • 30代で建築士の資格を取得し、若いころから建築業界にいるベテランの方に比べたら、経験豊かとは言えないかもしれません。それに引け目を感じている時期もありました。
    でも、今は建築業界の常識にとらわれることなく、お客様の立場により近い目線でアドバイスできることを誇りに思っています。

    女性ならではの発想とアイデアで間取りや収納のご提案!
    主婦だからわかる細かなこともプランに取り入れられるので、女性の方には特に喜んでいただいています。お客様に無理な資金計画で苦労してほしくない!そのような思いから、住宅ローンアドバイザーの資格も取得しました。

    皆様が安心して住まいづくりのことを相談できる知識と経験を持ち、家を建てる施主様の気持ちに寄り添える人でいたいです。

    一生に一度の家づくり、失敗の許されない家づくり、その重圧に押し潰されそうになりながらも私はこの仕事が好きです。

    建築中やお引渡しの時のお客様の喜ぶ顔、最高の笑顔がみられて、「ステキな家を建ててくれてありがとう」というお言葉を頂くと、この仕事をしていて本当によかったと思います。そして、家づくりの仕事を通して出会えた多くのお客様とのご縁が私の宝物です。

 

健康と笑顔を育む家づくりのために・・・
  • アロー住建は小さい会社ですし、社員も少ないので皆様のところに頻繁に訪問することは物理的にできません。
    訪問する回数で真面目さを判断される方には物足りなく感じるかもしれませんが、材質や施工精度(品質)を落とさずに、プラン・資金計画の打合せからお引渡しまで、全員が一丸となって「健康と笑顔を育む家づくり」をするためには手間も暇も惜しみません。そして、見学会や感謝祭、各種イベントや常設の体感ショールームで、アロー住建の「ここちーな」のこだわりの空間と空気を体感していただきながら、「家づくりの無料相談」等もしていますので、「家づくり」のための勉強や体感をしに、どんどんお来しください。
    しつこい営業はいたしませんのでご安心下さい。

    アロー住建は小さな会社ですが、その分アットホームでなんでも気軽に相談できる会社です。そして熱いハートとチームワークが何よりの自慢です。

 

関連記事