安心・安全の構造へのこだわり

家の構造を見てください!

木造在来工法の柱は、私たち人間でいえば「骨」のようなものです。
骨がもろいと骨折したり、何かと支障をきたしてしまいます。
家は家族が集まる大切な場です。そんな大切な家族が暮らす家の構造を見ることなく住宅を購入するなんて考えただけで怖いと思いませんか?
基礎にも柱にも様々な寸法、仕様、種類があります。モデルハウスや完成見学会では、決して見比べることも確認することもできなくなる、大切な住まいの中身(骨組み)をご自身の目で見て欲しいのです。
家はあなたとあなたの大切な家族の命を守る場ということを忘れないでください。


  • 基礎基礎部分の強度を重視し外周を深く彫り込んだ高耐久ベタ基礎が標準仕様
  • 土台・柱地域産桧の4寸角柱を標準仕様。創業時より標準仕様にしています。
  • 防蟻基礎や土台・柱には、シロアリや腐朽菌から大切な家を守るために、人にも家にも安心な自然素材の塗炭を施工し、腐食やシロアリの食害を予防しています。
  • KS構法(オプション)ks構法は国産材(無垢材杉3.5寸角)と金物工法を組合わせた新しい工法です。より強い耐震性、間取りの自由度、将来の可変性を高めた画期的な木造在来工法です。

 

関連記事