アロー住建|茨城県で家を建てる。間取りのご相談や資金計画はアロー住建にお任せください。

アロー住建さんでイメージ通りの家づくりが出来ました

筑西市 O様

ハウスメーカーよりもアロー住建さんを選びました

この家を建てる前はアパートに住んでいましたが、子供が小学校に入学する前に両親の家の近くに住むことを考え、家づくりを決意しまいた。アロー住建さんと知り合う前に展示場に行き、大手ハウスメーカーさんのモデルハウスを一通り見ました。間取り等は参考になったのですが、価格が高すぎて私たちの予算では大手ハウスメーカーで家を建てるのは難しいという感想です。アロー住建さんを知ったのは、私たちが家づくりを考えていると話した知り合いが、「良い工務店さんがあるよ」と、紹介してくれたことです。そして、近所でアロー住建さんの見学会のチラシが入り、見学に行ったのです。アロー住建さんが建てた家を見学した感想は、 「良いものを使っている。トイレや階段の幅などイメージと合う」というものでした。 最初は、“アロー住建さんの家は高い”というイメージを持っていましたが、見学会で大吉社長から家づくりの考え方を聞き、四ッ谷さんと具体的な話をしているうちに、予算やイメージも含めて、アロー住建さんなら私たちの家づくりを実現してくれそうだという気になりました。そのようなことがあって、最終的にアロー住建さんと契約し、家づくりをお願いすることにしたのです。他社や展示場など、どのくらいの件数の家を見学または検討しましたか?

相当、行きました。展示場も含めると10社以上。3軒くらいまわると疲れてしまうが、頑張って見てまわりました。(水戸、つくば、小山、下館、上三川)

我が家のこだわり

●廊下・階段をメーターモジュールで設計

プランを造る前から、私の中で家の間取りは決まっていました。その中で、廊下や階段を広く取りたかったので、メーターモジュールで設計していただきました。
アロー住建さんで、メーターモジュールで家を建てたのは、私たちが2棟目だったそうです。

●キッチン・バスルームの設備を指定

妻はショールームを見て、キッチン・バスルームの設備を決めていました。その話を四ッ谷さんにすると、出来るだけ安く入るように苦労して手配してくれました。
おかげで、希望の設備を設置することが出来ました。

●防音室

私がギター、妻が金管楽器を趣味で演奏しています。その練習場所が欲しかったので、防音室を希望しました。
しかし、本格的な防音室はとても高価なもので予算が合いません。
そこでドアや壁を二重にして音が外に漏れにくくするような工夫をしてくれました。
完璧に音が外に漏れないということはないのですが、その部屋で音楽の練習をしていても外にいて気にならないくらいの性能の部屋になりました。

●1階にトイレが2つ

わが家の1階にはトイレが2つあります。
男性用の小便器と洋式便器です。男性は立って用を足すので、洋式便器だとどうしても外にこぼれますよね。そうするとトイレが汚れてしまうので、少しでも掃除を楽にしたいと、トイレを2つ作りました。

●薪ストーブ

プランの打合せをしている時に、話が盛り上がり造ることになってしまった(?)のが薪ストーブです。 当初の計画になかったのですが、妻が学生の頃友人の別荘に行った時に、その別荘にあった薪ストーブを見てあこがれていたそうです。
そこで、本来は収納にしようと考えていたスペースに薪ストーブを設置しました。
冬に薪ストーブの火を見ていると落ち着きますね。
家が完成してからアロー住建さんのスタッフの方を招待して薪ストーブで焼いた手作りピザをふるまいました。
やはり、炭火で焼いたピザは市販のものよりも格段に味が良いようですね。
2階の部屋に薪ストーブの煙突が通っています。この煙突は二重構造になっているので、触っても火傷することはありませんが、2階の部屋をほのかに温めてくれています。

 

最後に・・・

以前住んでいたアパートは古かったので、体に悪い化学物質が出ているような気がしていましたが、この家はイオンハウス®ですので、何だか体に良い気がしています。
それ以上にアロー住建さんで家を建てて良かったと思うことは、いろいろと私たちの要望を聞いてくれたということです。何かあればすぐに来てくれますし、年に1回は床下まで点検してくれます。
アロー住建さんで住んでからも安心して生活できる大満足の家づくりができました。

ご質問・ご相談はお気軽にお電話下さい。 TEL 0120-39-6785 受付時間 8:00 - 20:00 [ 日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 アロー住建 All Rights Reserved.
お電話でのお問い合わせはこちら